医学部 基礎医学生理学ⅡPhysiology II

JapaneseEnglish

研究室HP

生理学Ⅱ2016

我々は、[1]循環生理、[2]心臓電気生理、[3]自律神経生理の3本柱で幅広く研究を推進している。
[1]循環生理は芝本教授が中心。(1) 循環ショック―特にアナフィラキシーショック―の病態生理と治療法、(2) 局所循環―肺循環、肝循環、腹腔循環、冠循環―の調節機構をマウス・ラットなどの摘出灌流標本とwhole animalを駆使して解析し、循環ショック、虚血再灌流、肥満などの疾患モデルにおける病態生理解明を進めている。
[2]心臓電気生理は倉田特任教授が中心。パッチクランプ法による実験的解析と心筋細胞の数学モデルを用いた理論的(非線形力学的)解析を行い、心筋イオンチャネルの機能、洞房結節・固有心筋における自動能の発生機序など様々なテーマに取り組んでいる。
[3]自律神経生理は谷田准教授が中心。肥満、高血圧などの生活習慣病と自律神経系の中枢性機序などについて生理学及び分子生物学的方法を駆使して解析している。
教育面では、医学部第2学年の呼吸器系・心臓血管系・内分泌生殖器系の講義と実習を担当している。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内線3644) +81-76-286-2211 / FAX: 076-286-8010 +81-76-286-8010 / Email: physiol2@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 芝本 利重 芝本写真

特任教授

  • 倉田 康孝

准教授

  • 谷田 守

助教

  • 九田 裕一

非常勤講師

  • 前田 正信

研究員

  • 王 墨飛
  • 楊 巍

主な研究業績

部門別研究業績

  • Song J, Tanida M, Shibamoto T, Zhang T, Wang M, Kuda Y, Kurata Y. The role of lumbar sympathetic nerves in regulation of blood flow to skeletal muscle during anaphylactic hypotension in anesthetized rats. PLoS One 11: e0150882, 2016.
  • Wang M, Shibamoto T, Kuda Y, Tanida M, Zhang T, Song J, Kurata Y. The responses of pulmonary and systemic circulation and airway to anaphylactic mediators in anesthetized BALB/c mice. Life Sci 147: 77-84, 2016.
  • Tanida M, Gotoh H, Yamamoto N, Wang M, Kuda Y, Kurata Y, Mori M, Shibamoto T. Hypothalamic nesfatin-1 stimulates sympathetic nerve activity via hypothalamic ERK signaling. Diabetes 64: 3725-3736, 2015.
  • Tanida M, Yamamoto N, Morgan DA, Kurata Y, Shibamoto T, Rahmouni K. Leptin receptor signaling in the hypothalamus regulates hepatic autonomic nerve activity via phosphatidylinositol 3-kinase and AMP-activated proteinkinase. J Neurosci 35: 474-484, 2015.
  • Kurata Y, Hisatome I, Tanida M, Shibamoto T. Effect of hyperpolarization-activated current If on robustness of sinoatrial node pacemaking: theoretical study on influence of intracellular Na+ concentration. Am J Physiol Heart Circ Physiol 304: H1337-H1351, 2013.

主な外部研究資金

  • 芝本利重、科学研究補助金 基盤研究 (C) (平成28-30年度、代表)「アナフィラキシーショックにおけるAngiopoietin 2の役割」、390万円
  • 倉田康孝、科学研究補助金 基盤研究(C)(平成26‐28年度、代表)「ヒト幹細胞由来心筋細胞における自動能機序の解明とバイオペースメーカーシステム設計」、380万円
  • 倉田康孝、科学研究補助金 新学術領域研究(4203多階層生体機能学)・公募研究 (平成25-26年度、公募研究代表)「分岐理論に基づくヒト固有心筋自動能の発生機序並びに合理的制御法の解明」、540万円
  • 谷田 守、科学研究補助金 基盤研究(C)(平成28-30年度、代表)「摂食調節因子nesfatin-1による脂肪組織交感神経活性化機構の解析」、468万円
  • 谷田 守、科学研究補助金 若手研究 (B) (平成26-27年度、代表)「レプチンによる肝臓及び膵臓自律神経調節と糖代謝改善への応用」、403万円