医学部 基礎医学生理学ⅡPhysiology II

JapaneseEnglish

研究室HP

生理学Ⅱ2016

我々は、[1]心臓電気生理、[2]自律神経生理、[3]循環生理の3本柱で幅広く研究を推進している。
[1]心臓電気生理は倉田講座主任が中心となり、パッチクランプ法、Ca2+イメージングによる実験的解析(九田講師)と心筋細胞の数学モデルを用いた非線形力学的解析(倉田教授・津元准教授)、興奮伝播シミュレーション解析(津元准教授)により、心筋イオンチャネルの機能、洞房結節・固有心筋における自動能の発生機序、致死性不整脈の発生機序の解明など様々なテーマに取り組んでいる。
[2]自律神経生理は谷田准教授が中心となり、(1)生活習慣病や循環ショックにおける自律神経系の脳内機序解明、(2)摂食や代謝調節における脳腸相関と自律神経系の解析などについてラット・マウスを用いて解析を行っている。
[3]芝本教授を中心にマウス・ラットのwhole animalを用いてアナフィラキシーショックの病態生理解明を行っている。
教育面では、医学部第2学年の呼吸器系・心臓血管系・内分泌生殖器系の講義と実習を担当している。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内線3644) +81-76-286-2211 / FAX: 076-286-8010 +81-76-286-8010 / Email: physiol2@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 倉田 康孝

嘱託教授

  • 芝本 利重

准教授

  • 谷田 守
  • 津元 国親

講師

  • 九田 裕一

秘書

  • 道上 紀子

主な研究業績

部門別研究業績

  • Tanida M, Zhang T, Sun L, Song J, Yang W, Kuda Y, Kurata Y, Shibamoto T. Anaphylactic hypotension causes renal and adrenal sympathoexcitaion and induces c-fos in the hypothalamus and medulla oblongata. Experimental Physiology 103:790-806, 2018.
  • Yang W, Shibamoto T, Kuda Y, Zhang T, Tanida M, Kurata Y. β2-adrenoceptor blockade deteriorates systemic anaphylaxis by enhancing hyperpermeability in anesthetized mice. Allergy Asthma & Immunology Research, 10:52-61, 2018.
  • Kuda Y, Shibamoto T, Zhang T, Yang W, Tanida M, Kurata Y. Gastric vascular and motor responses to anaphylactic hypotension in anesthetized rats, in comparison to those with hemorrhagic or vasodilator-induced hypotension. Journal of Physiological Sciences 68:253-260, 2018.
  • Tsumoto K, Kurata Y, Furutani K, Kurachi Y. Hysteretic dynamics of multi-stable early afterdepolarisations with repolarisation reserve attenuation: a potential dynamical mechanism for cardiac arrhythmias. Scientific Reports 7:10771, 2017.
  • Kurata Y, Tsumoto K, Hayashi K, Hisatome I, Tanida M, Kuda Y, Shibamoto T. Dynamical mechanisms of phase-2 early afterdepolarizations in human ventricular myocytes: insights from bifurcation analyses of two mathematical models. American Journal of Physiology-Heart and Circulatory Physiology 312:H106-H127, 2017.

主な外部研究資金

  • 倉田康孝、科学研究費補助金 基盤研究(C)(2019-2022年度、代表)「培養HL-1心筋細胞とその数理モデルを用いた心筋システム制御理論の構築と実証」、330万円
  • 芝本利重、科学研究費補助金 基盤研究(C)(2019-2021年度、代表)「非侵襲的サーモグラフィを用いたアナフィラキシーショック二相性反応の発生機序解明」、330万円
  • 九田裕一、科学研究費補助金 若手研究(B)(2018-2021年度、代表)「培養HL-1心房筋細胞の実験系を用いた後脱分極誘発不整脈の発生機序と抑制法の解明」、320万円
  • 谷田守、科学研究費補助金 基盤研究(C)(2016-2019年度、代表)「摂食調節因子nesfatin-1による脂肪組織交感神経活性化機構の解析」、360万円
  • 谷田守、一般財団法人旗影会 2018年度研究特別助成(2018-2018年度、代表)「アナフィラキシー低血圧による交感神経促進機構の全容解明と治療法への応用」、200万円